スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.08 Monday
  • -
  • -
  • 0

    臨床心理士の資格がどーのこーの言ってるときに

    JUGEMテーマ:心理学

    最初の記事。

    強制わいせつ:市民病院職員、容疑で逮捕−−八戸署 /青森
     八戸署は7日、八戸市吹上3、市立市民病院の臨床心理士、田中清容疑者(50)を強制わいせつ容疑で逮捕した。容疑は8月1日午後3時と同5時ごろ、同市田向の市立市民病院の治療室で、女子高生に抱き付いてキスするなどしたとしている。容疑を認めているという。
     同署によると、女子高生から9月1日に被害届が出て捜査していた。
    ---毎日新聞 2010年9月8日 地方版(http://mainichi.jp/area/aomori/news/20100908ddlk02040133000c.html)

    そして続報。

    八戸の強制わいせつ:事件の把握後も診療続けさせる−−容疑の職員に市民病院 /青森
     八戸市民病院の臨床心理士の男が女子高校生に対する強制わいせつ容疑で逮捕された事件で、三浦一章院長らが8日、会見した。病院は陳謝し、事件を把握後も男に診療を続けさせていたことなどを明らかにした。
     病院によると、田中清容疑者(50)は第1精神神経科の臨床心理士長として患者約60人を担当していたほか、スクールカウンセラーを務めていた。病院は先月5日に生徒の家族からの相談で事件を把握。田中容疑者への聞き取りや謝罪をする一方、逮捕前日の今月6日まで診療させていた。病院側は「人員問題など、やむを得ない状況だった」と釈明した。
     また、田中容疑者が日曜日に病院内で被害者と会った点について、「被害者は患者だったが、この日は正規の診療ではなかった」と説明した。【三股智子】
    ---毎日新聞 2010年9月9日 地方版(http://mainichi.jp/area/aomori/news/20100909ddlk02040176000c.html)

    なんだかなー…という出来事。この事件,言わずもがなかも知れないが,問題視すべきところは2点ある。1つは臨床心理士という身分の者が「患者」にわいせつ行為をはたらいたということ。しかも「強制」。もう2点目はこの事実を知っておきながら,現場に立たせた病院側の責任者である。

    1点目については,臨床心理士という「密室」でのやり取りを行える立場の者としてあるまじき行為である。こんなことをしてしまう輩が出てくると,患者さんからの信頼はもちろん,臨床心理士が働く先の信頼も失ってしまう。もうここまで来たら,「せめて『強制』じゃないわいせつにしなさいよ。こころを扱う心理士でしょ?」とでも言いたくなる。

    2点目は医療界ではよくあることの様な気がする。悪いことがばれてからもしばらく働くこと。これに関しては「否」の意見が多いだろうが,賛否両論かも知れない。病院かクリニックか,何科か,どのような職種かによって異なると思うが,引継をしないといけない場合も存在すると思う。しかし,「強制わいせつ」の様に倫理的な過ちを犯した者を1ヵ月間見て見ぬ振りで働かせ続けるのはいかがなものか。「人員問題など」ということを理由に挙げているが,この容疑者の患者さんに事情を説明して,謝罪して,待っていただくのが筋じゃないだろうか。ましてや心理士なのだから,急性期の患者さんと関わっているとは考えにくい。それが可能だと思う。BPDの患者さんとか重度の気分障害や双極性障害の患者さんに対してはある程度配慮が必要かも知れないが。

    今回の臨床心理士が臨床心理士会の認定した臨床心理士であるならば,臨床心理士会がどのような処分を下すのか,そしてどのように再発防止を掲げていくのかが,今後の資格問題の話で大切になってくるんじゃないかと思う。

    関連することで思い浮かぶことをひとつ。Freud.Sは治療の「禁欲原則」っていうものを掲げていて,精神分析では,患者の願望を満たすこと,分析家の欲望を満たすことを禁止し,それが治療効果につながると言っている。もちろん,今日の精神分析ではこの「患者の欲望を満たすこと」は必ずしも悪であるとは言っていない。しかし,この様なことを考えながら治療にあたることは,治療構造という枠を守り,定点観測的に治療の変化を見ていく上では必要なことである。禁欲原則や治療構造論については今精神分析ではホットな話題だと思うので,もう少し勉強してそのうち取りあげたい。


    スポンサーサイト

    • 2016.08.08 Monday
    • -
    • 17:37
    • -
    • 0

      コメント
      早くこの記事を消してください。
      当事者なので、それ以外のアプローチを探します。

      この事件の当事者としてお願い申し上げます。この記事によって迷惑を被っているひとりでもあります。既に当事者ならびに私は、このエントリーが削除されない為、就職活動に影響を被っております。困っております。このエントリーをご覧になった皆様へも地道に働きかけを行っております。 なにとぞ、なるべく早めのご対応、よろしくお願い申し上げます。小高千早
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      Amazon

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      Recomend

      Search

       

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      精神分析を語る
      精神分析を語る (JUGEMレビュー »)
      藤山 直樹,松木 邦裕,細澤 仁

      recommend

      recommend

      recommend

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM